平昌での冬季五輪。
男子フィギュアのワン・ツーフィニッシュや、女子スピードケード、などなど本当に感動しっぱなし!

こういうものを見ると仕事柄、

どういう人が結果を出すのか?
どんな想いで、何を目標に、どんな行動をしてきたのか?

とか考えちゃうのですが、

そんな中で私が今回最も注目し、最も脱力し、最も元気づけられたのは男子フィギュア銀メダルの宇野昌磨くん。(「くん」付けすみません)

オリンピック前からアスリートらしくない「ゆるさ」と「マイペースさ」に注目をしていましたが、まさか初出場で銀メダルとは!
結果を出してますます注目されるその言動に共感する人たくさん!うれしいな。

  1. 人と違うことを恐れない
  2. 好き、面白いと感じる心に素直にしたがう
  3. 飾らない

こんなところが、まさに今の時代に求められていて共感を呼ぶのかも知れません。

こんな宇野くんの自由で、アスリートらしからぬ(ってなんだかわからないけど)言動を許しているフィギュアスケート界もすごいなって思いました。

新しいタイプの人が世の中に出てきて
そんな人がちゃんと結果を出して
自由な発言をすることが許されるような世の中になった

それが素晴らしくて、私はもうめちゃくちゃ元気になれます。

「オリンピックで金メダルを取りたいと思う気持ちの強さ」
ばかりが注目され、

羽生選手の
「19歳で金メダル、23歳で2個目の金メダル」のように
明確に目標を立てて、逆算して人生設計をしていた

という話の方がずーっとわかりやすいし、賞賛も集まるけど、
もちろんそれはそれで本当にすごいんだけれど

そんな優等生でなくてもいい

そんなふうに心から思えました。

・オリンピックの魔物は最初から最後まで何なのかわからなかった、他の大会と同じだった
(ぜんぜん人の言葉にまどわされない。自分の感覚を信じる)

・1回目のジャンプでミスして笑ってしまって。自分がんばろうと思った
(そこで笑うか!笑ってからがんばろうと思うのがふしぎ)

・次の目標とかまだない
(いいねえ)

・衣装は目立たない色がいい
(笑。シングルなんだからどうやったって目出つぞ!)

・選手村では日本にいるときよりゲームに集中できていい
(どこまでマイペース?)

さらに翌朝のインタビューではぼーっとして頭ボサボサで登場し(爆笑)「銀メダルを特に大切にはしません」みたいなマイペースコメント全開。

宇野くんがいつか金メダルを取って、そのときになんていうのか聴きたいので、宇野くんを応援します。

「楽しいことを毎日ひたすらやっていたら金メダルになった」とか
「金メダル、そんなに大事にしないです」とか言ってくれないかな。

オリンピック選手とはレベルが違う話ですが
私も起業することを目指してこうなったのではなくて、
好きなこと、楽しいこと、心が動くことをやっていたら、こうなっただけで。

私みたいにフツーに生きてる社長が増えたら日本も変わるかもな、なんて思って起業しました。

自分を楽しむことに真剣になろう。素のままでいよう。

そんな風に思えた宇野くんの銀メダルでした。