働き方改革が叫ばれ、また、いろいろな働き方をする人たちがどんどん増えている現在、
ここ10年、2社目の会社に転職した時から私が時々聞かれることに答えてみます。

「杉江さんは、どこに向かっているんですか?何を目指しているんですか?」

昔から一箇所にとどまることができなくて
すぐいろんなことをやってしまうので、不思議に思われることがあるようです。

この質問に、以前はうまく答えることができませんでした。
特に大きな何かを目指しているわけではないので「私にだってわからないし。」と思っていました。

でも今なら答えることができます。

ちなみに今、私が関わっている活動をいくつか挙げるとこんな感じです。

・人材育成に関わるコンサルや研修の仕事(女性活躍、チームビルディング、働き方改革など)
・Team WAAでの働き方・生き方改革の活動
・南房総市の廃校問題への取り組み
・生まれ育った豊島区をよくする「としまぐらし会議」への参加
・趣味のバイオリン
・昔の趣味だったダンスやフラメンコの仲間とのつながり
  
そして、先週金曜日、これも追加になりました。

・社団法人「全国空き家バンク推進機構の監事という役割」

これだけ見ると、この人は一体何をやりたいんだろう?と思われるかもしれません。

でも

すべて「なんか面白いかも?!」と心が動い始めたことで
すべてが不思議と「自分の中では」つながっています。

仕事の経験が南房総の廃校活用の活動に活かせ、
豊島区の活動が仕事でのアイディアとなり、
趣味のつながりから新しい仕事に生まれ、

それぞれがつながると新しい出会いがあってさらに新しいことが生まれ、
仕事のアイディアが湧いてきたり

そこに自分の「使命」と感じることが見つかったり

そんなことが、ずーっと起こっています。

だから「杉江さんは何を目指しているのですか?」

今ならちゃんと答えられます。

「私は、私になることを目指しています。そのために自分の心が動いたことをやっています。」

心が動いたことをやっているといっても、日々、自分勝手に過ごしているのではありません。

実は、最近になってもうひとつ心がけていることがあります。(できているのかは別として!)

それは、

自分 → 家族 →自分の住む地域や職場 → 日本 → 世界

この順番で笑顔にすること

まず、自分が笑顔でいること、
次に、家族を笑顔にすること

そのことなしに、他の誰かの笑顔に貢献できることはありません。

今日は自分が笑顔だったか
家族を笑顔にできたか
住んでいる地域の人をちょっとでも笑顔にできたか
仕事で関わる人を笑顔にできたか

そうやって、少しずつ笑顔の輪を広げていきたいんです。

この順番がもし逆になっているとしたら、
「日本を良くしたい!」
と大声で言っていても、自分も家族も笑顔でないとしたら

それこそ自分勝手で偽善なのではないかと。

自分のやりたいことのために家族との時間が犠牲になってしまうこともありますが、それでも

お帰りなさい!と笑顔で言えたかな?とか
私と一緒にいることで家族が笑ってくれたかな?とか
今やっていることは家族の笑顔につながっているかな?とか

少し広げて、地域の人にはどうだろう?ちゃんと笑顔で挨拶したかな?
今度雪が降ったら、あのおばあちゃんちの雪かき手伝おう!とか

そきどきそんな風に考えてみるのです。

仕事でも仕事以外でも、心が動くことをどんどんやってみること
自分に身近なところから笑顔の輪を広げていくこと

そうやって、私は私であることを目指しています。

そして誰もが自分になれると信じています。