一昨年の年末、A社様を訪問した際に、日めくりカレンダーをおみやげでいただきました。

うすいぺらぺらの紙に大きく日にちが書かれていて、「大安」「仏滅」だとか「満月」「十五夜」だとか、今日の格言だとかが書いてある、よくあるタイプの日めくりカレンダーです。
そこにそのA社様の会社名も入っています。

正直に言うと、もらった時は
「そもそもカレンダー使わないしな・・」
「このデザインは部屋に合わないし・・」
「使ったとしても毎日めくらないだろーな・・」
と思いました。(A社様、ごめんなさいっ!)

最初1ヶ月くらいはそのまま使わずに机の上に置いてあったのですが、ふと、玄関の「三福三(さんぷくさん)」という京都のお人形の飾ってあるコーナーならば雰囲気が合うだろうと思い、そこに置いてみました。

その翌日、「三福三」にお辞儀をして、カレンダーを1日分「ぴりりっ」めくって、今日はどんな日なのかを確認してみると・・・

あら不思議。なんだかとっても新鮮な気持ちに!「よし、今日はこんな1日にするぞ!」と自然と思えました。

なんといっても、
昨日の日付のカレンダーを「ぴりりっ」とめくって破るという行動・体の動きそのものが、心までも昨日と入れ替えてくれるような感じがして気持ちがいい!
まさに心と体がつながっていることがわかる瞬間です。

その気持ち良さに、気づけばこれが毎日の習慣になっていました。
そしてこの朝の習慣があると日々のリズムができ、仕事がスムーズに進むような気がしてくるのでした。

ーーー

朝一番に「三福三」にお辞儀、
日めくりカレンダーをぴりりっとめくり、
今日はどんな日なのか、大安だとか、月の動きや今日の格言を確認し、
今日1日のスケジュールを思い浮かべて気合をいれてみたり、疲れてるからゆっくりしようと思ってみたりして心を整える。

さらに出かける時には「無事に帰って来られますように」と祈り、
帰って来た時には「無事に帰りました。ありがとうございました。」とご挨拶。

ーーー

おお!日めくりカレンダーのある場所がなんだか神棚のようになってきたぞ・・・!

そのうちこの場所にお札も飾られるようになり、時々お香を焚いたりして、なんだかあやしげなコーナーになっていきました(笑)。

日めくりカレンダー、すげー。

ありがたいことに、今年もA社様より日めくりカレンダーもいただきましたので、初詣で買った熊手も追加されてますますあやしくなっている玄関のコーナーに置かせていただき、毎日「ぴりりっ」とめくっては新鮮な気持ちになって、今日の仕事に集中しています。

日めくりカレンダーは、私の生産性向上の神!かも知れません。

あなたにとっての生産性向上の神、はなんですか?
そんなものがあると日々の仕事が楽しくなるかも知れません。