2019ラグビーワールドカップが終わりました。
日本を下した南アフリカが優勝し、日本の強さはきっと準優勝に値するはず!

とはいえ、優勝経験もあり、優勝を目標にしてきた南アフリカと、ベスト8進出を目標(もちろん優勝も見据えつつ)の日本では、まだ少し見ている景色が違うんだろうなと思い、早くも次回のワールドカップを楽しみにしているところです。

さて、以前にブログ
ラグビー日本代表、外国出身選手と作るチームの秘訣でも書きましたが、日本代表は、ベスト8入りするという目標に対して、こんな意味づけをしてきました。

  • 日本の1億2000万人に影響を与えたい
  • 仲間の信頼や家族の期待に応えたい
  • 日本も外国人と一緒に仕事をしなければいけない時期が来る。スポーツでそれができているところを見せる
  • 体の小さい日本代表の選手が体の大きい相手にタックルする勇気を見せる
  • ベスト8入りするという「目標」の先にある「目的」が明確だったからこそ、強い日本になれたのだと思います。

    私がコーチングを学び始めた頃、アスリートの方々にもコーチングをしていた師匠からこんなことを教わったことがあります。

    「金メダルを取る」という「目標」だけの選手は金メダルを取ることができない。その先の「目的」、たとえば、金メダルを取って子供達にもこのスポーツの素晴らしさを伝えたい、とか、支えてくれたチーム全員で喜びあいたいとか、日本のスポーツ界を変えたいとか、金メダルを取った上で達成したいゴールが明確にイメージできていると、そのゴールへ向かうための「通過点」として金メダルを取ることができる。

    目標とは、いつまでに、何を、どのくらい達成するのかという、数値で表せる指標。
    目的とは、最終的に実現しようとする姿のこと。

    ベスト8入りして、日本の人々に、世界の人々にどんな影響を与えたいのか、自分たちはどんな存在であると示したいのか、世界をどう変えたいのか。

    そして優勝した南アフリカもまた、優勝してどうありたいのか、どんな世界を作りたいのか、きっと明確だったのではないかと思うのでした。

    たとえばこんな。

  • チーム初、黒人で貧困層出身のキャプテンのもと、本当の強さとは何かを世界に見せたい
  • 南アフリカをひとつにしたい
  • お金のない南アフリカから出て海外でプレーする選手にも勝って南アフリカを勇気づけたい
  • などなど。

    そしてふと。自分はどうかな?目的と目標、ときどきごちゃまぜになってないかな。目標を達成しての目指す姿=目的を常に意識しているかな。

    以上、ラグビーのワールドカップに思ったことを改めて書いてみました。

    そして今日も小さなチャレンジを。