今日はちょっと怒っていることを書きます。

これまでは「良い1on1研修をやればいいってもんじゃない!」と怒っていたけれど

これまで弊社では企業4社、関連会社も含めると20社程度の、1on1に関する様々なサポートをさせていただいています。
弊社の設立当初は、女性活躍などのダイバーシティ経営・チームづくりなどのサポートがメインでしたが、その中で、1on1の実施を参加の皆様におすすめしていたら興味を持つ方が増えたこともあって、気がついたら、最近では1on1導入のサポートのオシゴトが半分くらいになってきました。(あーそろそろホームページも変更しないと・・)

1on1導入に関するサポートには、下記のようなものがあります。

(1)なぜ自社で1on1を全社導入するのか?という目的の明確化
  他社もやってるから、なんか効果ありそうだから、は、NG
(2)1on1全社導入の構想とステップづくり
  経営トップ・部門長・ミドルマネジャー・メンバーまでの周知徹底の方法 
  パイロット実施→拡大実施など、展開スケジュールの作成
  教育研修の進め方(誰に?いつ?どのような方法で?どのレベルで?)
  全社の他の仕組み(人事制度・組織診断・その他の研修等)との関連づけなど
(3)教育研修の内容決定との実施、効果測定
(4)現場での1on1実施状況モニタリングと課題の把握
(5)さらなる対策の実施

(1)は「Why:なぜやるのか」(2)は「How:どのようにやるのか」(3)は「What:何をやるのか」そして(4)(5)は以上のPDCAを回すことですね。
とても多岐にわたる上、上記をしばらく回し続けることになるのでそれなりに手間と時間がかかります。

大企業であれば、関連会社などへの展開も含めると時間軸は数年単位、定着には10年かかるのではと思うこともあります。特に(1)(2)の構想づくりと、(4)(5)の1on1を展開する中で次々と出てくる課題をどう把握して何をするのか、というところがキモだと考えています。

ところが、(1)(2)(4)(5)をきちんとやる気がなく、(3)の研修だけをやればいいと思って依頼してくる企業さんが時々いらっしゃるのも事実。「まずは1日研修をやりたいので、御社でお持ちのプログラムを教えてください。」と言われて、(1)の導入の目的をお伺いすると、何かの人事担当者向け研修でコピーしたのか数社から同じ図を見せられたりして(泣)。その場合はやんわりお断りさせて頂いています。

(1)(2)がなくて、仮に(3)で素晴らしい1on1研修を受けて「1on1をやろう!」とマネジャーの皆さんが目を輝かせたとしても、現場に戻ったら上司である支店長が「1on1なんか部下を甘やかすだけだ。時間の無駄!」と言ったらどうなるでしょうか。また部下が「忙しいので結構です(キッパリ!)」と言ったら・・・?どれもよくある現場の声です。

先日、ある人事の方からはこんな声もありました。

「私はコーチングを習っていまして、コーチングって素晴らしいものだと思っているんです。それがなかなかわかってもらえなくて・・」

私もコーチングからこの世界に入りましたので、この方の思いにとっても共感します。ですが、「あなたがコーチングに興味をもってうまく職場でできるようになること」と、「組織全体に1on1を導入すること」の間にはチョモランマ級の隔たりがある(!)と思っています。自社の置かれた環境や戦略、組織の論理、現場に渦巻く不満の声などもわかった上で、「戦略的に」進めなければならないからです。

現場にはもれなくたくさんの「1on1をやらない理由」が溢れかえっています。だから「良い1on1研修をやればいいってもんじゃない!」とこれまでもよく怒っていました。

とりあえず1on1やってください?!

しかーし!
先日、いろんな大企業(弊社のクライアントではない)のマネジャーさんたちが集まる場で、1on1についてお話をさせていただいたとき、さらに驚きました!そこで聞いた話が本当であれば、ですが、1on1についての教育研修すらやっていない会社もあるようです。

「人事から、とりあえず1on1やれって言われているんですが、目的もわからないし、何をしていいかわからなくて困っています。」
・・・絶句。
「40人の部下に1on1やれって言われてもどうしたら・・・」
非常によくある相談ですが、相談に乗る場は社内にはないのでしょうか・・・!?

また、別の場ではこんな声もありました。
「従業員エンゲージメントのアセスメントシステムが入ってその中に1on1の仕組みがあるので、とりあえずなんか業務の話して、半年に1回振り返り面談やってます、って人も多いですよ。」
それ、今までと何も変わらないですよね・・・

上記のような会社ばかりだとは思わないのですが、1on1を全社に導入する、ということがどういうことなのか、もっともっと、人材部門の方にも、マネジャーの皆さんにも、真剣に考えて欲しい!!!

ここ5年ほど、1on1導入のお手伝いをしてきて、私が声を大にして言いたいのは、

1on1を全社導入するということは、全社のマネジメントのパラダイムシフトである

ということ!!!企業の戦略の転換そのものであり、それは、時代からの要請でもあるということ。そこに大きな抵抗や戸惑いが起こるのは当然なわけで、そこに私たちは向き合いたいのです。

この点はまた改めてブログに書こうかと思いますが、とにかくとにかく、とても今私は危機感を感じてしまったので、「1on1をどうやってやったらいいのか本当に困っている」と声をあげてくれたマネジャーの方々に対して、新しいプログラムのパイロットを実施することにしました。
1on1を実施するということはマネジメントのパラダイム転換。その観点から、みんなで新しい時代のマネジメントについて考えるキッカケにしたいです。

「1on1マネジメント ステップアップ講座」
開始は5/30(日)で終了は8/22(日)。
初回と最終回は日曜日の午前中にゆっくりと。その後は平日朝の朝活90分を中心に数回。異業種のマネジャーさんたち同士で、今の時代のマネジメントについて語り合い、1on1など部下の方々との基本的なコミュニケーションの考え方について学びます。そして、実際に部下の方に1on1などの働きかけを行っていただき、その結果や悩みをシェアし合いながらマネジャーの皆さんが元気になる。そんな場にしていきます。

私の経験だけでなく、大学院で研究中の理論的背景やデータも使って、わかりやすくお伝えしていきます。1on1については人事からきちんと説明はあったし研修も受けたけれど、いまいちうまくいってない、という方や、特に会社では1on1は推奨されていないがやってみたい、という方の参加もOKです。

また、特にこだわりはないのですが、この取り組みが女性マネジャーの方々の声から始まった関係で、今回は女性マネジャー・リーダーの方限定とします。もちろん今後は女性限定ではないものも実施する予定。

あとほんの数名ですが、募集しております。ご興味のある方はご連絡ください。

しばらくブログは1on1について、になる予定です。(気が変わらなければ)